更新するのが久しぶりになってしまいました。

コーチとしての活動をしていないわけではありません。

今もクライアントに対して、コーチングセッションをしています。

大きく環境を変えたこと、大きなゲシュタルトができつつある中で

私自身のコンフォートゾーンも大きく変わったことに起因しています。

といっても、コアの部分は何も変わっていませんが。

2019年は本当に多くの方々と会ってきました。

新しい環境に飛び込んだことで、何も知識がない、ゲシュタルトがない中での挑戦。4足のわらじを履いた状態です。

コーチング理論を知り実践をしていくようになったこの10年の間で、私自身が意識したこと・助けになったことについて書いて行きたいと思います。

普段から触れる言葉を気をつける

私自身、ものすごくやる気に満ちあふれている時とそうでない時がありました。その差も定量的に図れるものではありませんが、結構な差があるのではないかと自身でも思います。

その両状態の差は何か、もちろんゴール設定が上手く行っているかどうかはあるでしょう。

もう一点、日常の習慣で違っていたことがあります。

それは何か。

前向きな言葉に日常から触れているかどうかです。

作業療法士で著者の菅原洋平さんの「すぐやる!「行動力」を高める”科学的な方法」という本があります。

その中に「メンタル文法」という考え方が出てきます。

当然何によってつくられるのかは「言葉」なのですが、このつくられ方が本著に載ってありますので引用します。

私たちの思考パターンを決める「メンタル文法」。そもそも、どのようにつくられるのでしょうか。これは、「ニューロンの発火」までさかのぼります。

ニューロンについては、「電線」をイメージしていただくとわかりやすいでしょう。脳内のニューロンは、情報を伝達するときに電気活動を生み出します。これを「ニューロンの発火」といいます。

ニューロンは一度発火をすると、また近くを電気が通ったときには、すぐ発火をするようになります。

ニューロンが繰り返し発火をすると、しだしに発火のタイミングが重なってくるグループができていきます。そのグループ内では、ニューロン同士がお互いに強く結びつき、電気が近くを通ったタイミングで発火するのです。その繰り返しによって生まれるのが「メンタル文法」です。

発火頻度が多いほど、つまり、その「メンタル文法」を使えば使うほど、常にスタンバイ状態を保って、次の発火が起こりやすくなります。

その結果さまざまなシチュエーションで、意味のすり替えや思考の隔たりが起こるのです。

と書かれてあります。

これを読んだ時、私自身が上記の差はどこから来ているのかを止観瞑想したときに、日常の中での「触れている言葉の違い・数」だと気がつきました。

つまり「メンタル文法」が違っていたのです。

同じ人間であってもメンタル文法によって思考も行動も変わるものだと衝撃を受けました。

やる気に満ち溢れていた時に触れていた言葉

コーチングに置いて「ゴール設定」が全てだということは言うまでもありません。

ただ、そうはいってもいつもいつもゴールを設定できるわけではないと思います。暫定的なゴールを設定すると良いことも頭ではわかっている人もいると思います。そうは言ってもゴールがうまく設定できない時、私自身もありました。

ゴール設定がうまくできているときは、よくYouTubeや書籍、ノートにメモしたお気に入りの「名言集」を観ていました。

それを何気ないとき、朝起きたりしてすぐに観たりしていたのです。

やる気が起きずにいたとき

やる気がなかなかでないときは同じYouTubeを開いても「失恋ソング」やおすすめされてきた動画を何気なく意図もなくダラダラと観ていました。(決して失恋ソングを否定しているのではありません)

ゴール設定がうまくいかないことに対して罪悪感があるため、全てが自己否定の材料に変わるのです。

マインド(脳と心)の使い方を学び実践しているはずの自分が、ゴールをうまく設定できていないなんて、、、、

と自分を責めてしまうのです。

セルフトークのコントロールをするタイミングのところでできず、悪循環に陥ってたように思います。

つまり、「メンタル文法」が変わっていたのです。

いつでも触れらるようにする

おすすめなのは、自分自身が気に入った言葉をノートに書いておき、常に持ち歩いたり、スマホの中にメモをしておき、いつでも見られるようにしておくことです。

本やその名言は、いつだってあなたの味方です。

ドリームキラーに何かを言われたとき、壁にぶつかったとき、きっとあなたの力になるでしょう。

地方でコーチングを実践していく人は特にまだまだマイノリティだと思いますので、常に自分の味方になるような存在を持っておくことはあってもよいと考えます。

自分は一人ではないこと。

やる気がある時もでない時も「人としての価値は変わらない」というのを覚えておいてください。

 

無料LINE@にご登録いただくとコーチングに関する情報などご覧頂けます。

友だち追加



藤本和博公式メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール