ルー・タイスの40年の実績と苫米地英人博士の1980年代からの研究成果が盛り込まれたコーチング理論。

完全Want toで

have toは一切あってはいけない

というのは、とても重要な部分です。

ただ、この部分が都合良く使われている

のではないか?

と、気になっています。

ゴール側から見て

Want toなのかHave toなのか

それともゴール達成のために

Must

なのか

を観て、考える必要があります。

最近、ネット・リアルで見聞きしていて

ただ単に

目の前の出来事をやりたくない

がために

Have to

という言葉を使用しているのではないか

と疑問に感じることが多々ありました。

大事なのは

ゴール側から観る

ことです。

自分の本音にフタをしていませんか?

今設定されているゴールを見直し

更新されてみてもいいかもしれませんね。

★藤本和博公式メールマガジンはこちら
http://mail.os7.biz/m/2sM8