苫米地思考ノート術とオススメのノートサイズ

苫米地英人博士の著書

『苫米地思考ノート術』

の紹介動画です。

 

本書は、先ず『メモ』と『ノート』の違い

について

の話しから始まります。

 

次に、脳の仕組みを知り尽くした苫米地英人博士がオススメのノートの書き方の話しが書かれています。

 

『コンセプチュアルフロー』

 

という書き方です。

 

それを実際に行なっていくうえで、オススメなノートのサイズがあるので、今回の動画でその紹介をしています。

 

私自身が師事している大前研一さんも実際に使われてた紙のサイズも話しています。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ(TICEコーチ)大前研一主宰ビジネススクール(BBT大学)3期 苫米地英人認定マスターコーチ青山龍主催ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にて、青山龍マスターコーチから直接、未来志向のビジネススキル・コーチングスキルを徹底的に学ぶ。