成功する人がコーチをつける理由

誰にだってスコトーマ(心理的盲点)はある。

あの故ルー・タイスにだって

自身にスコトーマがあることが分かっていたからこそ

ルー・タイスは苫米地英人博士を呼んだわけだ。

当然、僕にだってスコトーマはある。

僕自身、昨日・今日と

苫米地英人博士の元で かなり長期間に渡って

様々なことを学ばれてきた方

を仲間に紹介していただき

いろいろとやり取りをさせていただく中で

自分自身にあったスコトーマに気づくことができた。

今はとても頭がスッキリし視界が広くなった感覚だ。

誰にだって、スコトーマがあるのを分かっているからこそ

現状の外側へ、現状の外側へ

行こうとしているコーチ達は 自分自身にコーチをつけます。

コーチングという

これまでになかったジャンルを創り出した

コーチングの創始者の故ルー・タイス ですら

苫米地英人博士をコーチとしてつけたのですから

この事実が コーチをつけることの大きさを物語っています。

僕自身も青山龍コーチに

コーチングをしてもらい

コーチングの効果を体感した一人です。

成長したいという向上心があるのなら

コーチをつけるのも良いですよ。

コーチは あなたのドリーム・サポーターですから!

 

 

9月22日に

苫米地式認定コーチの中でもかなりの理論派、文野義明コーチと大阪でセミナーを開催します!

 

▼自分の弱さと本気で向き合いながら一歩前へ踏み出すためのセミナーはこちらから

 

▼圧倒的な知識をお持ちの苫米地式認定コーチ 文野義明コーチのブログはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ(TICEコーチ)大前研一主宰ビジネススクール(BBT大学)3期

苫米地英人認定マスターコーチ青山龍主催ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にて、青山龍マスターコーチから直接、未来志向のビジネススキル・コーチングスキルを徹底的に学ぶ。