ゴールの見直しタイミング

ルータイスの40年の実績と苫米地英人博士の1980年代からの研究成果を
ふんだんに盛り込まれているこのコーチング理論。

そのコーチング理論の中でも

特に大事になるのが

ゴール設定である。


達成方法は分からないけど

どうしても達成したいゴール

考えただけでビビってしまうような内容のゴール

がいい。

 


自分自身

ある抽象度の高いゴールを設定していた時期あるのだが

何かひとつこう行動に結びついいない。

もちろんアファメーションもしている。

想いとしては、間違いなくあるのだが

何かハマってない感覚をある時点で持つようになった。

 

暫く期間を経て

これだ!!

と確信できるゴールが出来、

そこから先は気付いたら行動をしている自分がいた。


もし

ゴールを設定したのに行動に結びつかなくて

悩んでいるのなら

ゴールの見直し

てみるといいかもしれないですね。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ(TICEコーチ)大前研一主宰ビジネススクール(BBT大学)3期 苫米地英人認定マスターコーチ青山龍主催ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にて、青山龍マスターコーチから直接、未来志向のビジネススキル・コーチングスキルを徹底的に学ぶ。