成長はしているが、満足はできない感覚

成長したい気持ち 虹

昨夜遅くにクライアントさんと電話で話をしていて

 

『〇〇さんも激変しましたね』

 

と、自分が言ったら

過去に比べたら、激変かもしれないですが

 

ゴール側から観ると、こんなもんじゃないので満足はしてません。

という言葉が返ってきた。

 

コーチに言われたことをちゃんとやっているだけです。

とも言っていただき、エフィカシーは急上昇しています。

 

 

 

 

素晴らしいと思うと同時に

『常にゴール側から観ている』

ところが素晴らしいですね。

 

現状の外側のゴールへ向かって行っていると

自分自身では気づかないうちに、コンフォートゾーン(心地良い領域)もズレ

変革していることがよくあります。

 

ここをしっかり観てあげ、褒めてあげること。

 

でも、ゴール側の自分なら

もっともっとやれる!

と、認知的不協和を感じる感覚は大切。

 

満足しきってしまったら、エネルギーが止まり成長が止まってしまう。

 

社内でも目立ち始め、結果に繋がっているようで

これからが、とても楽しみです。

 

この、ルー・タイスの40年以上の実績と苫米地英人博士が1980年代から研究されてきた成果をふんだんに盛り込んだ

このコーチング理論を実践すれば

誰だって変革できるんだということを忘れないでほしい。

 

みんな一人ひとりに可能性があり

一人ひとり大切な存在なんだ

ということを忘れないでほしいなと思います。

 

価値の無い人間なんていないんだから。

 

できますよ!!

 

 

◆メルマガ登録(無料)はこちら

◆Twitterはこちら

◆YouTubeチャンネルはこちら

◆Facebookはこちら

◆お客様の感想はこちら

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ(TICEコーチ)大前研一主宰ビジネススクール(BBT大学)3期 苫米地英人認定マスターコーチ青山龍主催ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にて、青山龍マスターコーチから直接、未来志向のビジネススキル・コーチングスキルを徹底的に学ぶ。