『一切の制約がなかったら、自分はどうしたいのか?』
 
ゴール側の自分なら、どんな環境で、どんな人達と、どんな生活をしているのか
 
をリラックスできる環境で
 
ゆっくり考えていました。
 
 
達成方法はわからないけど、達成したい現状の外側のゴール。
 
 
おかしい、もっとゴールへ進んでいないと。
 
 
そのゴール側の自分と現在の自分との大きなギャップ
 
『認知的不協和』を強烈に感じ
 
コンフォートゾーン(心地良い領域)がゴール側へ移行し
 
体がついてこず
 
ずっと体調を崩していました。
 
 
早く解決したい
 
でも体がついてこない
 
そんな数日間。
 
 
大切なのは
 
 
『ゴール側と現状のギャップが大きければ大きいほどエネルギーが生まれる』
 
 
ということ。
 
 
 
よく見かけるゴール設定の仕方に
 
具体的に
 
現実的に
 
高過ぎないゴールを
 
ステップバイステップで達成方法がわかるようなもの
 
期日をしっかり入れる
 
 
<<<認知科学的には、これらは全て間違い>>>
 
 
だということ。
 
これでは、ますます現状の中に止まってしまう。
 
 
 
 
 
 
ゴールを設定するとき
 
あまりにもぶっ飛んでいて、さすがにこれは。。。
 
と、感じることがあると思います。
 
 
『考えただけでビビる』
 
くらいが
 
ちょうど良い
 
ってこと。
 
 
無意識は低い方を選びがちです。
 
 
ゴールを設定した時点で
 
達成方法はわからなくても良いんです。
 
達成方法がわからないからいいんです。
 
わかってしまうってことは
 
それは既に現状の中です。
 
 
 
『できるかどうかではなく』
 
『自分がやりたい』
 
と思った気持ちを大切に!!
 
 
一人ひとりに能力があるんですから
 
できますよ!!
 
 
 

◆メルマガ登録(無料)はこちら

◆Twitterはこちら

◆YouTubeチャンネルはこちら

◆Facebookはこちら

◆お客様の感想はこちら