この一年半は特に

本当に様々な業界の

企業経営者とたくさん時間を共にし

気づいたことがある。

 

彼らは、常に

「なんか面白いことやろうよ」

と言っている。

 

東証一部上場企業の経営者、副社長とも時間を共にしたが

 

使う言葉は違えど

 

言っている意味は同じ。

 

師事している大前研一さんも

同じことを言っている。

 

フレームワークを使うのではなく

今の時代に

今の課題にこのフレームワークで本当に大丈夫なのか?

新しいフレームワークを自分で創る

くらいじゃないといけない

と。

 

自分達が何を仕掛けていくのか

自分達が何を生み出し

顧客にどんな価値を提供するのか

 

こういったマインドを活躍されている方は

持っている。

 

それでいて、とても温かいお人柄なのだ。

 

答えのない時代に

こういったマインドを

ぜひ、参考にしてみてほしい。

 

◆メルマガ登録(無料)はこちら

◆Twitterはこちら

◆YouTubeチャンネルはこちら

◆Facebookはこちら

◆お客様の感想はこちら