マインド(脳と心)の使い方と自転車

マインド(脳と心)の使い方を身につけていき

実際に運用していく過程と

自転車の乗り方を覚えていく過程

は似ている。

 

自転車に乗ることに慣れてないから

不安でペダルにばかり気を取られて

地面や足元ばかり見てると

グラグラしてバランスが取れずいる。

 

バランスが取れないから余計気になって足元ばかり

見てしまう。

 

本当は遠くを観ていた方が安定するのに。

 

自転車に乗れるようになったら何処に行こう?

とか、この先のことを想像せずに。

 

「楽しさ」よりも「怖さ」が勝ってしまう。

 

そんな期間や時期というのは誰しもがあると思います。

 

本当はどこへ行きたいのか。

 

その目的地から目を離さないこと

その目的地で感じている

「嬉しい気持ち」や「喜び」「清々しさ」

「誇らしさ」「満足感」を

今もう先取りして感じていくこと。

 

そうやって妄想してる内に

ちゃんと現実が追いついてきます。

 

スピリチュアルに聞こえるかもしれないけど

これは認知科学の話。

 

「怖さ」よりも「楽しさ」が勝っていったとき

想像しただけで、思わずニヤっとしてしまう

ようになった時・そこに集中できたとき

大きく物理が動き出していきます。

 

どんな時も働きかけるのは

『未来』

です。

 

負のエネルギーはゴール達成に使えません。

 

自転車を乗る練習をした時と同じように

マインド(脳と心)の使い方を習得しようとすれば

ズッコケることも多分にあります。

 

でもいいんです。

 

その一つひとつの体験・エピソードが

また誰かの役に立っていきますから。

 

楽しんでいきましょう!!

 

もっと出来ますよ!!

 

 

 

LINE@開始しました。

友だち追加

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ(TICEコーチ)大前研一主宰ビジネススクール(BBT大学)3期 苫米地英人認定マスターコーチ青山龍主催ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にて、青山龍マスターコーチから直接、未来志向のビジネススキル・コーチングスキルを徹底的に学ぶ。