多くを語るには短すぎる僕の人生の中で

僕は僕なりの経験をしてきた。

良いことも悪いことも。

自分自身の病気

僕のことをいつも想い

何かあれば僕のことをかばってくれていた

大切な仲間達の自殺。。。

一生懸命が故に

組織の中で苦しみ

自らの手で人生に終止符を打ってしまった

大切な仲間達。。。

本当に側から見れば

しょーもないことでも

自分なりに絶望を味わいながら生きてきた。

だから何があっても

目の前に居てくださる方に対しては

黙って側にいようと決意した。

できるだけ穏やかでいようと決意した。

だから僕のセッションは

基本的に言葉は少ないです。

 

動画に情報発信を変えたのも

言葉以外の部分で何かを感じて欲しかったから。

もうこれ以上

組織の中で苦しんでいる人を増やしたくない

だから愛媛だけにいるわけにはいかない

そう感じたんです。

やっぱり生きていく中で

いろんな感情に向き合うと思います。

嬉しい・楽しい・誇らしい・清々しい・ムカつく・悲しい

どんな感情も一つ上の抽象度で観れば

<<<<<生きてる証拠>>>>>

なんです。

ポジティブなのが良いのは

誰しもが頭の中では分かってる

と思います。

そうは言っても

ネガティブな感情というのは

IQが下がってしまいますから

なかなか手ごわいですよね。。。

本当に組織の中で苦しむ人生から

心の底から楽しいと言えるような

人生を送ってほしい。

そのためには

<<<<<ネガティブな感情にも向き合う必要があるのではないか>>>>>

そう考えました。

そして

苫米地式認定コーチのであり

かなりの知識を持たれている

超理論派の文野義明コーチにお願いをして

一緒にセミナーをしていただくことになりました。

生きてく中で

苦しいこと、多いじゃないですか?

そんな時、ポジティブにならなくちゃ

と、ポジティブになること自体が

have toに変わってしまう方もいらっしゃると思います。

だからこそ

ポジティブとネガティブの両面にフォーカスしました。

僕はエフィカシーについての話・ワークが中心です。

苦しいとき

自分が生きてる意味を見出しにくかったり

希望を持てなかったりしますよね。。。

僕自身もそうでした。。。

でも今は

本当に生きていて良かったなと思っています。

ルー・タイスの40年以上の実績と苫米地英人博士の1980年代から研究されてきた

最先端の認知科学の成果をふんだんに盛り込んだ

このコーチング理論に出会い

素敵な仲間に出会えたからこそ

何があっても

人生捨てたもんじゃないな

そう思えるようになりました。

苦しいのが当たり前

そんな風に思わないでほしいなと思います。

自分の弱さと本気で向き合いながら一歩前に踏み出すためのセミナーの詳細はこちらから

▼超理論派 苫米地式認定コーチ 文野義明コーチのブログはこちらから

 

〜僕の大切な仲間がセミナーの紹介をしてくださりました。本当に素敵な方達のなのでブログを覗いてみてあげてください〜

★中国地区で大活躍中の河中真澄コーチのブログはこちらから

★大阪で大活躍中!子育て中のママの味方 和久 易子コーチのブログはこちらから

★鹿児島で大活躍中 圧倒的に高いエフィカシーで地域活性化に取り組まれている星原諒一コーチのブログはこちらから