インプットする情報を変えてみる

ルー・タイスの40年の実績と苫米地英人博士の1980年代からの研究成果をふんだんに盛り込んだコーチング理論のプリンシプルに

全ての重要な変化は内側から始まり外側へ広がる

というものがあります。

ゴール側の自分自身をイメージしている中で

バランスホイールのことを意識したり

非言語で表現されてあるモノに興味を持つようになったこと

について話しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ(TICEコーチ)大前研一主宰ビジネススクール(BBT大学)3期

苫米地英人認定マスターコーチ青山龍主催ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にて、青山龍マスターコーチから直接、未来志向のビジネススキル・コーチングスキルを徹底的に学ぶ。