人は自分の鏡

人の気になるところは自分の気になるところ。

 

つまり、人を変えようとする人は自分のことを「今のままじゃダメだ」と思ってる!!無意識では。

 

それを「ジャッジ」とも呼ぶ。

 

ついつい人のことをジャッジしてしまう人は、自分のことをジャッジしている。

 

いくら相手に言ったって、本人の内側から出たものでないと意味が無い。

 

《自分で選択する》から責任も取れるし意味があるんです。

 

無理矢理変化させようとしても無駄だし意味が無い。

 

なぜなら自分に無視された自分によって、元の状態に戻るだけだから。

 

無理矢理変化させようとしても本人が納得していない状態では、元に戻るだけ。

 

だから、本人がどんな状況になったとしても、どんなにボロボロになっても、ひたすら待ちます!!

 

だって、人はいつからでも変われるんだから!!

 

認知科学に基づいたコーチング理論の重要なのでプリンシプルにもありますが

 

《全ての重要な変化は内側から広がり外側へと広がる》です。

 

 

★あなたの目標、パフォーマンス、可能性を最大限に引き出すコーチング無料メルマガを配信中⇒http://mail.os7.biz/m/2sM8

★コーチングセッションはこちら⇒https://kazuhirofujimoto.com/session/

★藤本和博公式YouTubeチャンネル⇒http://goo.gl/XUAqmH

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ(TICEコーチ)大前研一主宰ビジネススクール(BBT大学)3期 苫米地英人認定マスターコーチ青山龍主催ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にて、青山龍マスターコーチから直接、未来志向のビジネススキル・コーチングスキルを徹底的に学ぶ。