ルー・タイスの40年の実績と苫米地英人博士の1980年代からの研究成果をふんだんに盛り込んだこのコーチング理論の真髄は何かと聞かれた迷わず

現状の外側にゴールを設定すること

と答えるのですが

多くの人にとって、

『現状の外側』

と言われてもピンとこないと思います。

今回の動画では、少し違う角度から説明をしてみました。