コーチング的には普通の時間の捉え方と逆の捉え方をする!?

自分自身が、

ルー・タイスの40年の実績と

苫米地英人博士の1980年代からの研究成果を

ふんだんに盛り込んだこのコーチング理論を

学び始めた頃、この時間の捉え方に衝撃を受けました。

それを学び日々の中の細々なものを含めた

選択を求められる場面

ゴールを設定・更新をする際に

何度この概念によって未来が明るく感じたか数え切れません。

LINEで気軽に聞いてみる

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ(TICEコーチ)大前研一主宰ビジネススクール(BBT大学)3期 苫米地英人認定マスターコーチ青山龍主催ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にて、青山龍マスターコーチから直接、未来志向のビジネススキル・コーチングスキルを徹底的に学ぶ。