コーチング ドリームキラーが気になってしまう人へ

他人があなたに対して持っているイメージ

あなた自身が自分に対して持っているイメージ

を超えたところにゴールを設定する

つまり現状の外側にゴールを設定するところが

ルー・タイスの40年の実績と苫米地英人博士の1980年代からの研究成果をふんだんに盛り込んだコーチング理論の重要な部分です。

その設定したゴールへ向かう中で、どうしてもドリームキラーに遭遇してしまいます。

せっかく設定したゴールを諦めてほしくないと思ったので動画で話しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ(TICEコーチ)大前研一主宰ビジネススクール(BBT大学)3期

苫米地英人認定マスターコーチ青山龍主催ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にて、青山龍マスターコーチから直接、未来志向のビジネススキル・コーチングスキルを徹底的に学ぶ。