完全100%Want toの生活はできる。

ルー・タイスの40年の実績と苫米地英人博士の1980年代からの

 

研究成果がふんだんに盛り込まれたこのコーチング理論。

 

達成方法も全くわからなくて

 

ぶっ飛んだ内容だけど

 

他人から止められてもやってしまうような

 

心の底から達成

 

『したい』

 

ゴールを設定するところが重要

 

なわけですが、この

 

『〜したい』というのをWant to

 

と言います。

 

逆に

 

『〜せねばならない』というのをHave to 

 

と言います。

 

実は、このHave toが1つでもあると生産性が下がってしまいます。

 

人生の中で、Want toのことが90%、残りの10%

 

というのもよくないんですね。

 

完全100% Want toです。

 

私自身も日中の時間、8-17時の間は仕事で、

 

仕事が終わった後にWant toのことをやる。

 

そういうもんだと思っていました。

 

しかし、

 

私自身が苫米地英人認定 青山龍マスターコーチの

 

パーソナルコーチングをクライアントとして

 

実際に受け、講座の中でより深くコーチング理論を学んでいくうちに

 

身体にまで影響を及ぼすような変化が現れるようになりました。

 

それが何かっていうと

 

Have to(〜せなばならない)を感じた瞬間です。

 

私自身は、足を開脚すれば額が地面につくくらい身体も柔らかいのですが、

 

Have to(〜せねばならない)を感じた瞬間に

 

持病の腰椎椎間板ヘルニアの症状がでるようになり

 

一瞬で背中の筋肉は硬くなり、動けなくなる

 

そういう身体になってしまいました。

 

Have toは本気でヤバイ

 

というのが、無意識レベルにまで落とし込まれているのだと思います。

 

<<<<<無意識に嘘は通用しない>>>>>

 

というのを身をもってして学んだ出来事です。

 

私自身、完全Want toでないと生きていけない

 

そんな身体になってしまいました。

 

 苫米地英人博士だから100% Want toの生活ができるんでしょ!?

 

なんて私も博士の本を読み始めた時は思ったりしましたが

 

誰でも

 

今がどんな状況でも

 

過去がどうであっても

 

100% 完全Want toの生活を送ることができます!!

 

諦めず

 

焦らず

 

いきましょう!!

 

誰しもが天才的な脳を持っているんですから!!

 

 

◆表には出せない情報やお得なキャンペーン情報を配信する無料メルマガ→http://mail.os7.biz/m/2sM8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ(TICEコーチ)大前研一主宰ビジネススクール(BBT大学)3期 苫米地英人認定マスターコーチ青山龍主催ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にて、青山龍マスターコーチから直接、未来志向のビジネススキル・コーチングスキルを徹底的に学ぶ。