関わっているプロジェクトが大きく進み

 

ゴール側へ一気に進んでいる。

 

新たな縁起も繋がっています。

 

と、同時に

 

強烈なドリームキラーも現れた。

 

当然、自分自身のゴールは伝えていない。

 

にも関わらず

事実無根の話や

あいつは占いをしている

と周囲に言ってるらしい。

 

 

これは自分自身がゴール側へコンフォート・ゾーンが大きく移行し

エフィカシーも上がっている証拠と捉え

更にエフィカシーを上げるキッカケにしました。

 

こんな時だからこそ、コーチング理論を実践するタイミングだと考え

ゴール側へ進むために大きな決断をした。

 

 

大切なことは

 

ドリームキラーが現れても、正面から向き合わないこと。

 

正面からぶつかって喧嘩する必要はないこと。

 

何があってもゴールを目指すこと。

 

 

一時的にドリームキラーになっている人でも

 

時間軸を伸ばして考えた時に

 

ドリームサポーターに変わっていることもあります。

 

 

抽象度の高いゴールを設定できる

 

あなたなら

 

ゴール側のあなたなら

 

ドリームキラーの人のことも

 

ドリームサポーターに変えれます。

 

 

 

 

ルー・タイスの40年の実績と苫米地英人博士の1980年代からの最新の研究成果をふんだんに盛り込まれたこのコーチング理論

を実践し、ゴール側へコンフォート・ゾーンが移行し、

あなたのエフィカシーも上がればドリームキラーが現れますが

 

 

あなたなら大丈夫です。

 

あなたなら何があっても大丈夫です。

 

 

焦らずにゴール目指していきましょうね。

 

できますよ!!

 

 

メルマガ登録(無料)はこちら

 

セッションについてはこちら

 

お客様の声はこちら