辛くなった時ほど意識すべき大切なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
辛いとき 壁にぶつかったとき

壁にぶつかった時

なんとなくエネルギーが出なくなった時

仲間の存在は大きい。

 

苦しくなると、普段は意識していないのに

一人になっている気分になってしまうものです。

 

そんな時

仲間の存在を思い出すのは

とても重要です。

 

自分自身も何度も仲間に救われています。

 

きっとゴール側でも繋がっているんだろうなとさえ思っています。

仲間もどんどん現状の外側へチャレンジし闘っており

多忙な日々を送っています。

 

連絡を取るのは、年に多くて数回。

会うのは、年に1回あるかないか。

SNSでの交流なんて全くない仲間もいます。

 

それでも繋がっている

という感覚を持てる仲間がいる

のは有難い事だと考えています。

 

自分のことを信じてくれた人

自分のことを応援してくれている人

色々と力を貸してくれた人

 

そういう大切な人の存在を思い出してみてほしい。

 

抽象度の高いゴール

たくさんの人のことが包摂されるゴールを設定でき

達成できる、あなただからこそ

こういった仲間の存在を思い出してみてほしい

と思います。

 

結局、

損得勘定で生きてる人は

損をするんじゃないかと思います。

 

自分の事を大切にしてくれた人の存在を忘れずに

どんどんチャレンジしていけば良い。

 

コーチングは

あなたがゴールを達成するために

必要な『ツール』です。

 

ですが、どんなに優れたツールを持っていても

人は一人では生きていけません。

 

孤独に感じられるようであっても

必ず仲間はいるし

目の前にある物

にも、僕たちの手元に届くまでに

たくさんの人の縁起が繋がって出来ています。

 

今、自分自身が使っているパソコン

MacBookAir

の中に入ってる

『ことえり』

だって、師匠である苫米地英人博士が

開発されたものです。

 

例えで、パソコンの例を出したが

こんな風に考えると孤独ではないはず。

 

ゴールへ向かって

どんどんチャレンジしていけば良い。

 

あなたが描いてる

そのゴールは、当然達成されますね!!

応援しています!!

 

あなたは一人じゃないですよ!!

 

 

◆メルマガ登録(無料)はこちら

◆Twitterはこちら

◆YouTubeチャンネルはこちら

◆Facebookはこちら

◆お客様の感想はこちら

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。