人はついつい求めてしまうもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕たち人間は

知らず知らずのうちに

仕掛けられたマーケティングによって

自分の頭の中を支配されている。

 

どんどん今のままではよくないでしょ

って煽ってくるから

何が本当に必要なのか

わからなくされている。

 

インターネットが普及した今、

SNSの普及によって

物だけじゃなくて

 

人間関係すら商品

 

になってしまう時代なんだ。

 

自分はイイねを押してあげたのに

誰さんは

自分の投稿にイイね

を押してくれない

 

現代特有の悩みかもしれないが

 

こうして僕たちは

カタチはどうあれ

ついつい周りに対して

求めてしまう。

 

これが悪いと言っているのではない。

 

 

自分自身の内側

自分自身の心の声を聞いてあげないと

 

 

本当に必要な物

本当に繋がっていたい人

が、分からなくなってしまう。

 

僕たちに本当に必要なのは

 

手に入れること

 

ではなく

 

手放すこと

 

なのではないだろうか。

 

そんなことを考えさせてくれる

僕の大好きな本があります。

 

その本の名前は

求めない

加島 祥造さんの本です。

 

是非、読んでみてください。

 

リンク先はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。