60歳以上で活躍している人の共通点

一般企業にお勤めの方の定年退職の年齢が60歳。

退職後は、どんどん元気が無くなっていく人がいる一方で

僕が師事している

大前研一さん

出口治明さん(ライフネット生命 会長)

など、年齢関係なくアクティブで元気な人達がいる。

その違いは何か。

それは

ゴールを持っているかどうか

になります。

お二人とも強烈なWant toで働かれていますね。 業界を変えるんだと。

そして今から紹介する経営者の方も

こうでないといけないといった方にハマらず

起業した年齢も60歳を越えてから。

もしIPO(上場)できれば恐らく最高齢になるはずです。

年齢も過去も全く関係ありません。

好きなようにゴールを描いていけば良いのです。

あなたなら当然できますよ。

★上場を視界に捉えた79歳起業家の商売哲学 | 企業戦略 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト -東洋経済オンライン http://toyokeizai.net/articles/-/87723?display=b

★藤本和博コーチングYouTubeチャンネル⇒https://goo.gl/nAF0sC

★藤本和博公式メールマガジン⇒http://mail.os7.biz/m/2sM8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ(TICEコーチ)大前研一主宰ビジネススクール(BBT大学)3期 苫米地英人認定マスターコーチ青山龍主催ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にて、青山龍マスターコーチから直接、未来志向のビジネススキル・コーチングスキルを徹底的に学ぶ。