できる理由に根拠は必要か?

あなたが何かに対して

出来ると思う根拠は何でしょうか?

 

多くの場合

過去において成功したり達成したから

なのではないでしょうか?

 

実は

 

ルー・タイスの40年以上の実績と苫米地英人博士が1980年代から研究されてきた

最先端の認知科学に基づいたコーチング理論では

根拠は必要ない

としています!

 

未来に対して

あなたなりの

こんなぶっ飛んだことを成し遂げたい

というゴールをクライアントには設定していただいてます。

達成方法もわからない

リソースも現時点ではない!

ということは

現状の外側ですね!

過去に成功・達成している場合

方法や手段はわかっているのですから。

 

ゴール設定した時点で

具体的な達成方法が分かってしまう

ということは

ステータスクオ(今の延長線上にある理想的な現状)です。

ますます現状の中に縛られてしまいます。

 

未来に根拠は必要ない

経験がないからこそ可能性があるんです。

 

 

あなたのゴールは何ですか?

 

 

9月22日に

苫米地式認定コーチの中でもかなりの理論派、文野義明コーチと大阪でセミナーを開催します!

 

▼自分の弱さと本気で向き合いながら一歩前へ踏み出すためのセミナーはこちらから

 

▼圧倒的な知識をお持ちの苫米地式認定コーチ 文野義明コーチのブログはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ(TICEコーチ)大前研一主宰ビジネススクール(BBT大学)3期 苫米地英人認定マスターコーチ青山龍主催ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にて、青山龍マスターコーチから直接、未来志向のビジネススキル・コーチングスキルを徹底的に学ぶ。