コーチングとは

コーチングとは、脳と心(マインド)の働きを知り、活用することで目標を達成し、人生を豊かにするための技術・ノウハウです。

コーチはクライアント自身(コーチングを受ける人)がゴールを設定し、エフィカシー(自分ならゴールを達成できるという自分の能力の自己評価)を徹底的に上げ、ゴール達成へと導くのがコーチとしての使命・役割です。 

コーチングの創始者、元祖コーチの故ルー・タイスの40年以上の実績に裏打ちされたコーチング技術と苫米地英人博士の1980年代からの研究された最先端の認知科学(機能脳科学・認知心理学・計算言語学・分析哲学)の研究成果とノウハウをベースにされたものであり、汎用性の高いものとなっております。

このコーチング理論は、全世界で述べ3300万人を超える人々が学んでおり、教育関係、NASA、米国国防省(陸軍・空軍・海軍・海兵隊)を始めとした連邦政府諸機関でも公式採用されています。

フォーチュン500の62%以上の企業でも導入され、オリンピック金メダル獲得数歴代No. 1の米国オリンピック水泳選手のマイケルフェルプスが活用しているコーチング理論です。 

セッションのお問い合わせはこちらから