感情的になるときがあってもいい

コーチング理論を実践し

 

セルフイメージが変わっていっている実感はあるのに

 

中々、目の前の現実が変わっていかないとき

 

焦ったり、イライラしたり

 

言葉に仕切れないけど、モヤモヤしたり

 

することがある。

 

そんな時

 

自分には出来ないなんじゃないか

 

なんて思ってしまうこともあるでしょう。

 

その時に

 

あ~、ネガティブなセルフトークをしてしまった

 

なんて思わないこと。

 

決して自分を責めないこと。

 

責める必要なんてないんです。

 

あなたが前に進もうとしてる証拠です。

 

何の心配もいりません

 

そういう感情が出てきてしまうことだってあります。

 

あなたが生きてる証拠です。

 

感情的になるときがあっても構いません。

 

誰しもが天才的な脳を持っていて

 

可能性の塊なんです。

 

磨いていけば

 

もっともっと輝いていきます!!

 

でも

 

疲れたら、休むのもオッケーですよ!!

 

全ては必然ですから。

 

力抜いていきましょう!!

 

能力は

 

たっぷり眠っているんですから!!

 

◆表には出せない情報やお得なキャンペーン情報を配信する無料メルマガ→http://mail.os7.biz/m/2sM8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ(TICEコーチ)大前研一主宰ビジネススクール(BBT大学)3期 苫米地英人認定マスターコーチ青山龍主催ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にて、青山龍マスターコーチから直接、未来志向のビジネススキル・コーチングスキルを徹底的に学ぶ。