壁にぶつかったり問題を抱えた時に意識すべきこと

ルー・タイスの40年の実績と苫米地英人博士の1980年代からの研究成果をふんだんに盛り込んだコーチング理論を実践していく

 

壁にぶつかることが多分にあります。

 

いま、あなたも問題を抱えていたり壁にぶつかっているとして

 

その悩みを現状の人間関係の中の人に相談したりしてはいないだろうか?

 

(決して誤解して欲しくないのは、その現状の中の人が悪いと言っているのではないということはご理解くださいね。)

 

自分自身もコーチング理論を本で学び初めた当初は、現状の人間関係の中の人に相談をし、なかなか思うようにいかない時期を過ごした経験があります。

 

あなたが抱えている問題やぶつかっている壁を乗り越えた人は誰なのか?

 

そして何処にいるのか?

 

ゴール側の縁起を意識して

 

見つけたら飛び込んでいく

 

ということが大事。

 

自分だけでは外せなかったスコトーマ(心理的盲点)が外れます。

 

もちろん

 

誰しもが天才的な脳を持っており

 

無限の可能性を秘めています。

 

だけど

 

1人では生きていけません。

 

人に頼るのも

 

また1つです。

 

大丈夫!!

 

焦らず

 

自らの人生を切り拓いていきましょう!!

 

できますよ!!

 

◆表には出せない情報やお得なキャンペーン情報を配信する無料メルマガ→http://mail.os7.biz/m/2sM8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ(TICEコーチ)大前研一主宰ビジネススクール(BBT大学)3期 苫米地英人認定マスターコーチ青山龍主催ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にて、青山龍マスターコーチから直接、未来志向のビジネススキル・コーチングスキルを徹底的に学ぶ。