何があっても卑屈は厳禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールへ向かっていけば

必ずと言っていいほど

にぶつかります。

 

現状の中、現状の延長線上では達成できない

ことに挑戦していくんだから

ある意味、仕方のないことです。

 

この壁にぶつかった時に

前へ進みたい思いが強い人ほど

自分を責めてしまいます。

 

そのイライラを

その認知的不協和を

うまく利用できればいいのですが

エフィカシー(自分の能力の自己評価)を

下げてしまう人が少なくないなって感じています。

 

僕はね

僕は

自分のことを否定するってことは

間接的かもしれませんが

自分の両親、仲間、恋人、関わってくださってる方

を否定することなんじゃないかな

って考えてます。

 

価値のない人なんて一人もいない!

 

このことを忘れないで欲しいなって思います。

 

何があっても卑屈は厳禁です。

 

嬉しい、楽しい、ワクワクする、イライラする、寂しい

全部あなたが『生きている証拠』です。

 

どんな感情も楽しめるようになる日が必ず来ますから。

どんな感情も受け入れれる日が必ず来ますから。

 

競争ではなくて

それぞれのペースでやっていきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。